矢野まり子

矢野まり子
島根県松江市出身

1974年  武蔵野美術短期大学工芸デザイン科卒業
1977年  島根県の民芸運動家・多々納弘光氏の妻・桂子さん(出西織主宰)と出会い「染織」を志す
1978年  民芸運動の創始者の一人である、故・外村吉之介氏に師事、主に木綿素材中心の染め、手織りを学ぶ
1980年  故・柳悦博氏(民芸運動の創始者、故・柳宗悦氏の甥)に師事、絹織物の基礎を学ぶ
1981年  沖縄・石垣島にて、上州座繰りによる生繭繰糸を修得
      以降、「生繭操糸」「撚糸」「藁灰汁精練」「草木染」「織」の一貫作業により、きもの・服地を製作
1989年  東京のテキスタイルコンバーターへ入社、服地の先行企画を担当
1996年  山崎和樹氏より草木染めを学ぶ
2002年  松江市宍道町にスタジオM宍道アトリエ「絹工房」を開所
      生繭座繰糸のみを使用し「織」までの一貫作業によるきもの・帯を製作
2014年  松江市鹿島町に工房を移転、現在に至る